2020年12月6日株主総会が実施され、酒蔵のデジタルトランスフォーメーション (DX)を推進するため、代表取締役を含む役員人事の変更を実施いたしました。

 

【役員変更後の新体制】
(新任)
・代表取締役 樺沢 敦(取締役より変更)

(継続)
・取締役 吉野 徹
・取締役 佐久間善太郎
・取締役 村山 太一

(退任)
・古澤有三(代表取締役より執行役員に変更)
・涌井荘七郎(取締役を退任)

 

【具体的な方針】
・顧客ニーズをしっかりと把握するためにインターネット販売を通じた双方向D2Cの強化
・利用シーンを抜本的に見直した全く新しいマーケット戦略
・SDGsに対応した持続可能な酒造りの推奨

 

【今期スタートから新たな事業展開】
2020年10月より第68期をスタートし、前期よりインターネット限定展開を始めていてブランド・郷(GO)シリーズの純米吟醸酒 GO DOLCEが2020年ロンドン酒チャレンジにて金賞を受賞したことを皮切りに、インターネット経由での販売を加速し、製造現場・流通・販売ならびにバックオフィスのデジタル化で事業の効率化を推進しています。

 

 

※今回の株主総会と新体制発表の様子が2020年1月20日 新潟日報朝刊以下に掲載されました。