津南醸造の特徴

新潟県南部にある津南町は豪雪地でも知られ、霧の塔などの標高2,000メートル級の山々に降り積もった雪が水源となり、「名水百選」に選ばれた豊かな清冽な水に恵まれています。この天然の湧き水は超軟水で「粒子の細かい、まろやかな水」と言われており、蔵の仕込み水として使用しています。

会社は平成8年に酒米農家、町、JAで設立された地元の声から生まれた酒蔵です。原料は津南町の地元農家で栽培された酒米「五百万石」にこだわり、顔の見えるお米で仕込みあげています。

県内でも若い杜氏により時間をかけ、ゆっくりと丁寧な手法で熟成されたお酒で、全国新酒鑑評会金賞受賞など数多く受賞しています。

お酒の特徴としては、淡麗にしてふくらみのある旨味、喉ごしがよくスッキリとした後味となっています。 そのため、どんな料理にも合わせやすいと評価を戴いています。

県内でも若い杜氏により時間をかけ、ゆっくりと丁寧な手法で熟成されたお酒で、全国新酒鑑評会金賞受賞など数多く受賞しています。

お酒の特徴としては、淡麗にしてふくらみのある旨味、喉ごしがよくスッキリとした後味となっています。 そのため、どんな料理にも合わせやすいと評価を戴いています。